卒業生を送る会(2019/03/22)


新M2、新M1を中心に企画し、 卒業式当日に、研究室メンバーで卒業・修了生達を送る会をしました。

皆さん色々と忙しいようで、全員参加とはいきませんでしたが、現メンバーでは、最後の飲み会を楽しみました。

電子情報通信学会総合大会(2019/03/19-22)

早稲田大学 西早稲田キャンパスで開催された2019年電子情報通信学会総合大会にて、「大口径試料挿入孔をもつ50GHz帯TM010モード空洞共振器を用いた丸棒誘電体の高精度複素誘電率測定 」、「36GHz帯円筒空洞共振器を用いた誘電体薄膜の複素誘電率測定」と題して、研究成果の発表をM2 佐々木さん、M1 高萩さんがそれぞれ行いました。

両名ともに、何回も学外発表を経験してきているだけあり、練習不足を感じさせない落ち着いた発表をしていました。質疑もそれなりに噛み合っていたと思います。年度末の最後の最後までご苦労様でした。

2019年度

  1. 金乙翔大, 古神義則, 清水隆志, “高Qかつ良好なスプリアス特性を有する30GHz帯高温超電導共平面形Hスロット共振器の設計,” 電気学会研究発表会資料, EDD-19-045, pp.1-6, Apr. 2019.
  2. 木村泰希, 古神義則, 清水隆志, “複素誘電率評価用サブTHz帯円筒空洞共振器の励振構造が共振特性に及ぼす影響の検討,” 電気学会研究発表会資料, EDD-19-049, pp.23-26, Apr. 2019.
  3. 米田尚時, 清水隆志, 古神義則, “円筒空洞共振器法による薄形フィルムのミリ波複素誘電率測定に関する一検討,” 電気学会研究発表会資料, EDD-19-051, pp.33-36, Apr. 2019.
  4. Takashi Shimizu, Yoshinori Kogami, “Low-Cost & Light-Weight 6 GHz Band Resin Based Cavity for Dielectric Plate Characterizations using Additive Manufacturing Techniques,” Proceedings of 93th ARFTG Microwave Measurement Conf. Digset, P-4, June 2019.
  5. Taiki Kimura, Yoshinori Kogami, Takashi Shimizu, “Study on a sub-THz band grooved circular empty cavity for low loss dielectric material evaluations,” Proceedings of Thailand-Japan Microwave 2019 TJMW2019, YE-12, June 2019.
  6. Shota Kanaoto, Yoshinori Kogami, Takashi Shimizu, “Design of a 30GHz band Coplanar type H-slot Resonator with High Temperature Superconductor,” Proceedings of Thailand-Japan Microwave 2019 TJMW2019, YE-15, June 2019.
  7. 清水隆志, 古神義則, “3Dプリンタ製6GHz帯空洞共振器を用いた誘電体材料の複素誘電率測定に関する検討,” 信学技報, vol. 119, no. 127, MW2019-19, pp. 1-4, Jul. 2019.
  8. 清水隆志, 佐々木隆文, 古神義則, “50GHz帯TM010モード空洞共振器を用いた3Dプリンタ用フィラメント樹脂の高精度複素誘電率測定,” 2019電子情報通信学会ソサイエティ大会, C-2-76, Sept. 2019.
  9. Takashi Shimizu, Takuma Konno, Koushiro Hirota, Yoshinori Kogami, “Millimeter wave characteristics of 3D printed NRD guides ,” Joint Indo-Japanese Smart City Symposium 2019 (Smart City Symposium 2019 in Chennai), Oct. 2019.
  10. Masaya Kokufuda , Yoshinori Kogami, Takashi Shimizu, “ Effective conductivity measurement for additive manufacturing technology materials in 5G bands ,” Joint Indo-Japanese Smart City Symposium 2019 (Smart City Symposium 2019 in Chennai) , Oct. 2019.
  11. 佐藤優, 清水隆志, 上田哲也, 青山裕之, 上道雄介, 岡崎浩司, 高野恭弥, 小松崎優治, 濱田裕史, “[特別講演]2019年IEEE MTT-S 国際マイクロ波シンポジウム出席報告,” 信学技報, vol. 119, no. 292, MW2019-114, pp. 81-86, Nov. 2019.
  12. 清水隆志, 古神義則, “NRDガイドを用いた3Dプリンタ用熱可塑性樹脂の複素誘電率測定に関する検討,” 信学技報, vol. 119, no. 292, MW2019-117, pp. 99-103, Nov. 2019.
  13. 清水隆志, “次世代無線システムに必要な低損失誘電体材料の複素誘電率評価技術,” MWE 2019 Microwave Workshop Digest, WE5B-2, pp.67-70, Nov. 2019.
  14. 古神義則, “フィルタの基礎設計 – 共振器直結型フィルタの設計 -,” MWE 2019 Microwave Workshop Digest, FR6A-1, pp.397-404, Nov. 2019.
  15. Takashi Shimizu, Takafumi Sasaki, Yoshinori Kogami, “Accurate and efficient measurements for complex permittivity of 3D printer filaments using a 50GHz band TM010 mode cavity resonator,” 2019 Asia Pacific Microwave Conference Proceedings, pp.1520-1522, Dec. 2019.
  16. 髙萩耕平, 古神義則, 清水隆志,“円筒空洞共振器法を用いたフィルム試料の50GHz帯温度依存性評価システムの開発,” 信学技報, vol. 119, no. 459, MW2019-144, pp. 23-28, Mar. 2020.
  17. 清水隆志, 古神義則, “Additive Manufacturing技術を用いた低マイクロ波帯における誘電体材料測定,” 令和2年電気学会全国大会, S9-6, pp.S9(15)-S9(16), Mar. 2020.
  18. 髙萩耕平, 古神義則, 清水隆志,“薄型誘電体フィルムの50GHz帯温度依存性評価システム,” 2020電子情報通信学会総合大会, C-2-51, p.74, Mar. 2020.
  19. 木村泰希, 古神義則, 清水隆志,“低損失誘電体材料評価用サブTHz帯円筒空洞共振器の励振構造に関する検討,” 2020電子情報通信学会総合大会, CK-2-4, pp. SS-10 – SS-11, Mar. 2020.

2018年度

  1. 國府田将也, 古神義則, 清水隆志, “誘電体円柱共振器法を用いた導電性塗料の周波数依存性測定,” 電気学会研究発表会資料, EDD-18-047, pp.25-28, Apr. 2018.
  2. 髙萩耕平, 古神義則, 清水隆志, “3Dプリンタによって出力されたABS平板の36GHz帯複素誘電率測定,” 電気学会研究発表会資料, EDD-18-048, pp.29-32, Apr. 2018.
  3. Takashi Shimizu, Yusaku Hirano, Yoshinori Kogami, “Frequency dependence measurement technique of the interface conductivity using a dielectric rod resonator sandwiched between copper-clad dielectric substrates,” Proceedings of 91th ARFTG Microwave Measurement Conf., June 2018.
  4. Kouhei Takahagi, Yoshinori Kogami, Takashi Shimizu, “Millimeter wave complex permittivity measurement of printed ABS plates by a FDM type 3D printer,” Proceedings of Thailand-Japan Microwave 2018 TJMW2018, YE-28, June 2018.
  5. Masaya Kokufuda, Yoshinori Kogami, Takashi Shimizu, “Effective relative conductivity measurement for a conductive paint using dielectric rod resonators,” Proceedings of Thailand-Japan Microwave 2018 TJMW2018, YE-34, June 2018.
  6. Yoshinori Kogami, Takashi Shimizu, Yu Mogami, “Millimeter Wave Complex Permittivity Measurements for the Flexible Dielectric Substrates Used with the Printed Electronics Technology,” Proceedings of the 40th Progress In Electromagnetics Research Symposium (PIERS) in Toyama, Aug. 2018.
  7. Yoshinori Kogami, Takashi Shimizu, “Evaluation of the Relative Permittivity of Dielectric Sheet Materials in Millimeter Wave Region Using TE111 Mode Cylindrical Cavity Resonator,” Proceedings of the 40th Progress In Electromagnetics Research Symposium (PIERS) in Toyama, Aug. 2018.
  8. Kota Tsunoda, Kentaro Takano, Takashi Shimizu, Yoshinori Kogami, “Complex Permittivity Evaluation for Uniaxial Anisotropic Dielectric Materials in Millimeter Wave Region Using the Whispering Gallery Mode Dielectric Disk Resonator,” Proceedings of the 40th Progress In Electromagnetics Research Symposium (PIERS) in Toyama, Aug. 2018.
  9. 佐々木隆文, 清水隆志, 古神義則, “50GHz帯TM010モード空洞共振器を用いた低εr樹脂材料の高精度比誘電率測定,” 2018電子情報通信学会ソサイエティ大会, C-2-53, p.68, Sept. 2018.
  10. Takashi Shimizu, Kosuke Goto, Yoshinori Kogami, “Development of a Narrowband 30-GHz Band Bandpass Filter with Coaxial Interface Using Coplanar Type H-slot Resonators,” 48th European Microwave Conf. Proc., Oct. 2018.
  11. Takashi Shimizu, “High-Precision Evaluation Techniques for MW & mmW Circuit Materials,” 1 Day Workshop in the 6th International Smart City Symposium 2018, Oct. 2018.
  12. Takashi Shimizu, Rintaro Sasaki, Yoshinori Kogami, “Study on a 6 GHz Band Cavity Resonator for Dielectric Plate Measurements by a Rapid Prototyping Technology,” The 6th International Smart City Symposium 2018, Oct. 2018.
  13. Takafumi Sasaki, Takashi Shimizu, Yoshinori Kogami, “Accurate Complex Permittivity Evaluation of Resin Rod for 3D Printer Using a 50 GHz Band TM010 Mode Cavity,” The 6th International Smart City Symposium 2018, Oct. 2018.
  14. Kentaro Takano, Kota Tsunoda, Takashi Shimizu, Yoshinori Kogami, “Complex permittivity evaluation of dielectric materials for millimeter wave circuit substrates with the Whispering-gallery mode resonator method,” 2018 Asia Pacific Microwave Conference Proceedings, TH1-IF-48, Nov. 2018.
  15. Takafumi Sasaki, Kohei Takahagi, Yoshinori Kogami, Takashi Shimizu, “Complex permittivity measurements for thermoplastic resin filaments for 3D printer using a 50GHz TM0m0 mode cavity resonator,” 2018 Asia Pacific Microwave Conference Proceedings, TH1-IF-49, Nov. 2018.
  16. Takashi Shimizu, Yoshinori Kogami, “Microwave characteristics of a conductor backed CPW by a home printed electronics technology with silver nanoparticle ink,” 2018 Asia Pacific Microwave Conference Proceedings, FR2-103-4, Nov. 2018.
  17. 清水隆志, 石川 亮, 上田哲也, 大平昌敬, 岡崎浩司, 小松崎優治, 田村昌也, “[特別講演]2018年IEEE MTT-S 国際マイクロ波シンポジウム出席報告,” 信学技報, vol. 118, no. 308, MW2018-110, pp. 95-102, Nov. 2018.
  18. 古神義則, 清水隆志, “ 共振器法によるマイクロ波・ミリ波回路用誘電体材料の評価技術の動向,” MWE 2018 Microwave Workshop Digest, FR4A-1, pp.381-386, Nov. 2018.
  19. 角田亘汰, 清水隆志, 古神義則, “3Dプリンタで出力された誘電体円板のWGモード法によるミリ波複素誘電率測定,” 信学技報, vol.118, no.361, MW2018-134, pp.109-104, Dec. 2018.
  20. 池内裕章, 陳春平, 牛嶋優, 神岡純, 高野恭弥, 村田健太郎, 清水隆志,  “[特別講演]2018年ヨーロッパマイクロ波会議出席報告,” 信学技報, vol.118, no.403, MW2018-140, ED2018-73, pp.23-30, Jan. 2019.
  21. 佐々木隆文, 古神義則, 清水隆志, “50GHz帯TM010モード空洞共振器を用いた丸棒試料の高精度複素誘電率測定法に関する検討,” 信学技報, vol. 118, no. 506, MW2018-156, pp. 1-6, Mar. 2019.
  22. 角田亘汰, 清水隆志, 古神義則, “WGモード共振器法による内部構造の異なる誘電体円板のミリ波複素誘電率測定,” 信学技報, vol. 118, no. 506, MW2018-157, pp. 7-12, Mar. 2019.
  23. 髙萩耕平, 海老澤和明, 古神義則, 清水隆志, “感光性絶縁フィルムの円筒空洞共振器法によるミリ波複素誘電率評価に関する検討,” 信学技報, vol. 118, no. 506, MW2018-158, pp. 13-18, Mar. 2019.
  24. 髙萩耕平, 海老澤和明, 古神義則, 清水隆志, “36GHz帯円筒空洞共振器を用いた誘電体薄膜の複素誘電率測定,” 2019電子情報通信学会総合大会, C-2-38, p.57 , Mar. 2019.
  25. 佐々木隆文, 古神義則, 清水隆志, “大口径試料挿入孔をもつ50GHz帯TM010モード空洞共振器を用いた丸棒誘電体の高精度複素誘電率測定,” 2019電子情報通信学会総合大会, C-2-39, p. 58, Mar. 2019.

電子情報通信学会マイクロ波研究会(2019/03/14-15)

大濱信泉記念館(石垣島) で開催された電子情報通信学会3月マイクロ波研究会にて、M2 佐々木が「50GHz帯TM010モード空洞共振器を用いた丸棒試料の高精度複素誘電率測定法に関する検討」、M2 角田君が「WGモード共振器法による内部構造の異なる誘電体円板のミリ波複素誘電率測定」、 M1 髙萩君が「感光性絶縁フィルムの円筒空洞共振器法によるミリ波複素誘電率評価に関する検討」と題して、研究成果の発表を行いました。
M2の二人は、修論発表後にもかかわらず、気を抜かずに直前まで発表準備を行ったかいもあり、比較的安定した良い発表が出来ていると感じました。
発表前後の時間は、寸暇を惜しんで、石垣島や付近の離島で、無線技術の重要性を実感してきました。

平成30年度謝恩会(2019/03/11)

平成30年度宇都宮大学電気電子工学科謝恩会がTKPガーデンシティ宇都宮で3月11日に開催されました。
残念ながら、卒業・修了するメンバー全員が揃いませんでしたが、恒例の記念写真をとりました。

卒業・修了生から教職員に記念品をいただきました。

(だれか設営した写真を共有してください。)

2018年度

■ 博士学位論文

渡辺(安部) 素実アレーアンテナ給電回路の高性能化・小型化・低コスト化に関する研究

■ 修士学位論文

角田 亘汰 WGモード共振器法によるミリ波複素誘電率の一軸異方性の測定に関する研究
HEWAMANAGE
LAHIRU
WANAMAL
マルチバンドフィルタ用誘電体共振器の設計に関する研究
佐々木隆文50GHz帯TM010モード空洞共振器を用いた複素誘電率測定の高精度化に関する研究

■ 卒業論文

石澤 直樹 方形空洞共振器を用いた異方性誘電体材料の評価に関する検討
大野 美帆
2段BPF回路のフィルタパラメータ抽出に関する基礎検討
陳 詩皓
片側短絡板位置可変型円筒空洞共振器の共振特性に関する検討
山本 和輝
WGモード共振器励振用誘電体角柱線路の位相定数測定
米田 尚時
円筒空洞共振器法による薄形誘電体試料のミリ波複素誘電率測定
滝口 昌史3Dプリンタで製作したマイクロストリップ線路の特性評価に関する検討
木村 泰希材料評価用サブTHz帯円筒空洞共振器に関する検討
紺野 拓馬NRDガイドを用いた3Dプリンタ用材料の複素誘電率測定に関する検討
岩本 千明ミリ波誘電体円柱共振器の極低温測定システムの構築
金乙 翔大高温超電導体を用いた共平面形ミリ波高Q共振器に関する検討